主な男性保育士のメリット

主な男性保育士のメリット

近年、男性保育士の需要は高まり、男性保育士の普及も徐々にですが増えつつあります。
では男性保育士の主なメリットをまとめてみたいと思います。

防犯対策になる

女性だけの職場は不審者から狙われやすい対象となることでしょう。また男性がいることによって近寄り難い園となりうる。その他にも保護者、職員も防犯面で安心感を得られる。

女性職員には大変な力仕事の軽減

女性でも無理をすればなんとか運べるものはあれ、女性の負担と男性の負担は大きく変わってきます。
また負担が大きくなるほど事故率も高まりますので、雇用者はこのようなリスクヘッジを十分考える必要があるでしょう。
雇用者は子どもの事故防止に努めるだけでなく、職員の事故防止も考えるべきでしょう。

園外保育で大活躍!男児のトイレは男性保育士に任せられる

園外保育では男の子のトイレの際、女性保育士が男性トイレに入るわけにはいきませんよね。公共の場ですので、一般の男性も利用するでしょう。
そこで男性保育士がいれば、男の子のトイレを任せることができますね。
また、園外に出る=外的なあらゆる危険が潜んでいることも考えれば、防犯対策にも活躍してくれるでしょう。

保育園の父親的な存在として

現代ではシングルマザーも決して少なくありません。つまり幼児期に父性を知らず育つ子どももいるわけです。
また家庭でも同じように母、父に求めるものも違ってきます。
保育園の父親的な存在、お兄さん的な存在として、何かしら子どもたちの育ちに良い影響となってくれるのではないでしょうか。

職員の中で男女の役割分担ができる

男女によって得意、不得意なことがあるでしょう。その得意、不得意をカバーし合えたら職員の連携力も高まるのではないでしょうか。
外部から見てそういった役割分担がきっちりできる保育園を見たときに、職員の連携ができていると思いませんか?
子どもの保育と同じように、職員にも個々のマイナス面よりもプラス面を大きく伸ばしてあげたいですね。

関連記事

スポンサーリンク
保育専門求人サイトはココ!

人気記事一覧

ページの先頭へ戻る